Java

Spring Boot DevTools + Doma2の場合のDomaConfig

Spring Boot 1.3で追加されたDevToolsを使うと、hot deploy(アプリを起動した状態でソースの修正を反映させる)が出来るようになります

DevToolsのhot deployは100%成功はしないのですが、有効にしておくと便利です

ですが、Doma2を組み合わせて使う場合は設定をカスタマイズしておかないとクラスローダーの問題でハマる事になります

Java+Reactでサーバサイドレンダリングするアプリのベンチマークを取った

僕はフロントエンドまわりの技術には疎いのですが、Reactは今も人気が高いように見えます

サーバサイドでReactを使ってページのレンダリング(サーバサイドレンダリング)を行ったりもするようで、

そうすればサーバサイドとフロントエンドで処理が共通化出来て便利そうです

ISUCON4予選問題のJava実装を作りました #isucon #isucon4

僕はJavaも好きなので、ISUCON4予選問題のJava実装を作ってみました。
フレームワークには最近Java界隈で話題のSpring Bootを使っています。

ISUCON興味あるんだけど、Java実装が無かったので参加しなかったという方や、Spring Bootに興味がある方はぜひ試してみてください!
MySQLのCREATE文やINSERT文も含まれていますので、アプリを動かすだけであればローカル環境で動きます。

Spring BootでアクティブなHTTPセッション数を取得する

Spring Bootのデフォルト組込サーバはTomcatなのですが、(pom.xml|build.gradle)に依存関係を設定する事でJettyも選択可能になっています。
(設定方法は マニュアル を参照してください)

Jettyもアプリケーションサーバとして十分な実績があり、早い時期からWebSocket対応やJava8対応がされているので、
TomcatではなくJettyを使いたい人も多いんじゃないでしょうか?
僕もその一人です :)

Domaで実行したSQLを取得する

アプリで実行したSQLをDBに保存するという要件があるのですが、
Spring + Domaで実現する方法がわからず、GitHubのDomaリポジトリに質問して教えて頂きました。
@nakamura_toさんありがとうございます。

福岡JavaEE勉強会(第1回)を開催しました

福岡JavaEE勉強会(第1回)を開催しました。

ハンズオンの予定だったのですが、JavaEEの概要説明に時間を取り過ぎてしまったのと、
DBの準備に手間取ってしまい、コードを書く時間が取れませんでした。
準備が悪くてすんません><

今回使用したアプリのソースコードはこちらです。
ISUCON2というチューニングコンテストのアプリを
JavaEE7のJAX-RS+Thymeleafで実装したものになります。

CDIで複数データソースの切り替え

将来的にはJavaEEの仕様にマルチテナント機能が組み込まれますが、
僕は今のところ、複数データソースの切り替えが出来れば十分なので、
CDIを使ってやってみました。
これで1つのJavaEE6アプリで複数のデータベースへの接続を切り替える事が可能です。

Mac OS XのNetBeansとGlassFishの文字化け対策

同じ事何回もググってるのでいい加減まとめる。

MacのJVMのデフォルト文字コードはSJISなので、
NetBeansのコンソール、NetBeansのGlassFishコンソール、GlassFishのログファイルの内容が
文字化けして開発しにくいです。